学校概要

理事長・学校長の挨拶

看護の道を志すみなさん、「患者さんに選ばれ、喜ばれる看護師」を共に目指していきましょう 学校法人 康学舎 理事長 中村 康彦

近年の高齢化社会と今後訪れる超高齢化社会は、未だかつて経験したことがありません。少子化及び高齢化社会の到来に伴い、国民総人口の減少と疾病構造の変化等が起こっております。このような状況の渦中でも、看護分野においては人材不足の叫びが途切れることはありません。
そのため人材の育成と確保は、今後の社会において喫緊の課題であることは明白です。本校の母体である上尾中央医科グループは、「医療」「福祉」「教育」を三本柱とし、各病院施設において地域への貢献を続けてきました。

当グループでは昭和54年に埼玉県上尾市に看護師養成機関である上尾中央看護専門学校を開校し、平成29年度までに5,000名もの卒業生を送り出し、看護師の育成に寄与してきました。
これまでに培った看護教育の経験と知識を基に、知識・技術の修得はもちろん、医療専門職として生命の尊厳に対する真摯な理解、豊かな人間性を兼ね備えた看護師の育成を使命と考えてきました。更にその使命を推進すべく、平成26年、本校を開校したのです。
看護の道を志すみなさん、「患者さんに選ばれ、喜ばれる看護師」を我々と共に目指していきましょう。

看護師を志す方の夢実現の場にようこそ! 学校長 柳谷 良子

横浜中央看護専門学校は上尾中央医科グループの理念である医療・福祉・教育の三本柱の教育の一環として開校の地である横浜市をはじめ神奈川県内に広く優秀な看護師を輩出するために、平成26年4月に開校した生まれたての学校です。昨年度で2回目の卒業生を送り出しています。

2025年に向かって医療介護制度は変化し、住み慣れた土地で最後まで生活できる環境を作りだすために医療・介護の一体化が、どんどん進んでまいります。その中でも常に患者様やご利用者様に寄り添ったサービスを提供する看護師の役割は重要です。

当校は、看護師としての専門知識や技術、また人としての優しさや思いやりを大切にした教育を実践しております。どうぞ、あなたの夢を横浜中央看護専門学校で実現してください。

PAGE TOP
無料資料請求