国家試験・就職

国家試験合格体験記

看護師国家試験に合格した先輩方へ インタビューを行いました!

見事、看護師国家試験に合格した先輩方へ国家試験に関する質問や
後輩に向けてのメッセージをインタビュー形式で聞かせていただきました。
これから国家試験に臨まれる学生にとって良いヒントになることが多いはずです。

  • N.Mさん
  • M.Tさん
INTERVIEW 01

何回も心が折れそうになることがあると思いますが、
諦めずに最後までやりきると必ず結果に繋がります!
諦めずに頑張ってください!

2014年入学(一般入学試験)N.Mさん

Q. 国家試験対策はどのような勉強をしていましたか?

N.Mさん 写真

日々の勉強に加え、1年次から学校で看護師国家試験対策模試を定期的に受験していたので、学習の振り返りとして模試を活用していました。
模試の結果には、全国の順位だけではなく、自分の苦手分野も一目で分かるようになっていたので、「苦手分野を無くす」という意識で勉強していました。

Q. 国家試験対策をする際に気をつけていたポイントはありますか?

授業の予習復習だけでは不安だったので、国家試験対策用の参考書を購入し、時間がある時に問題を繰り返し解いていました。
3年次になると、臨地実習が本格的になり、国家試験対策に時間を割くことが難しいだろうと予測して、参考書は早めの時期から解き始めました。
早い時期からの対策のおかげで、基礎固めがしっかりできたと思います。

N.Mさん 写真

Q. これから看護師を目指す学生にアドバイスをお願いします!

看護専門学校は3年間しかないので、限られた時間の中でどれだけ効率良く勉強ができるかを見極めることが大切だと思います。
学校には気軽に相談できる先生方もいらっしゃるので、問題を解いてみて疑問に感じたことはすぐに解決すると、
より理解が深まると思います。勉強は大変ですが、諦めずに頑張ってください!

ページトップへ

INTERVIEW 02

1年次からできるところを少しずつ勉強していました!
勉強に集中する時間と自由な時間を区別し、メリハリを
つけた毎日を送ったことが合格への鍵だと思います!

2014年入学(一般入学試験)M.Tさん

Q. 国家試験対策はいつ頃から始めましたか?

M.Tさん 写真

1年次から少しずつ過去問を解き始め、3年次の前半では基礎固めと必修問題の対策がほぼ終わっている状態にしました。
臨地実習が終わった後は最後の追い込み時期として、模擬試験の受験や、過去問を解くことに時間を費やしました。
追い込み時期は、規則正しい生活を心がけていたので、本番の国家試験も万全の体調で臨むことができたと思います。

Q. 国家試験対策はどのような勉強をしていましたか?

最初は、特に必修問題を完璧に解くことを目指して勉強をしました。基礎の土台固めが不十分だと応用問題も解くことができないと考えたからです。
毎日の授業の予習・復習を丁寧に行い、また分からない所は、図書室で調べたり担当の先生に質問したりして、解答を暗記するのではなく問題を理解するようにしました。
実際の国家試験でも、問題の意味を正しく理解していないと解けない問題もあったので、日々の勉強の大切さを実感しました。

M.Tさん 写真

Q. これから看護師を目指す学生にアドバイスをお願いします!

国家試験対策は、できるところから行っていくことがとても重要です。
臨地実習中は実習に集中し、見学や実践を通してたくさんの経験をさせていただくことで、知識がより確かなものになると思います。
忙しい3年間になりますが、看護師になる目標に向かって頑張ってください!

ページトップへ

PAGE TOP
無料資料請求